安全への取り組み

安全に対する取り組み

当社は安全対策を最重点課題とし、今後もお客様に「安全・安心・快適なバス」の輸送を提供するため、以下のとおり全社員で取り組んでいます。

1.輸送の安全に関する基本的な方針

車線を逸脱する <イメージ図>

(1)
社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。また、支店・営業所における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど支店・営業所の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底します。
(2)
輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(PDCA)を確実に実施し、安全対策を不断に見直すことにより、全社員が一丸となって業務を遂行し、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表します。

ページのトップへ

2.輸送の安全に関する目標及び当該目標に対する達成状況

(1)
輸送の安全に関する目標及び達成状況(平成27年度)
  • 1飲酒運転の根絶・・・・・飲酒運転は発生していません。
  • 2重大事故の根絶・・・・・重大な事故は発生していません。
  • 3運転事故(有責)の削減・・・・・目標を達成しました。
(2)
輸送の安全に関する目標(平成28年度)
  • 1飲酒運転の根絶・・・酒気帯び出勤を無くし、飲酒運転の根絶を期する。
  • 2重大事故の根絶・・・負傷者を出すような重大事故の根絶を期する。
  • 3運転事故(有責)の削減・・・支店・営業所ごとに前年度発生件数以下を目指す。

ページのトップへ

3.自動車事故報告規則第2条に規定する件数(平成27年度)

該当項目 件数
自動車事故(自動車事故報告規則第2条第3号) 1件※
車両故障(自動車事故報告規則第2条第11号~12号に規定するもの) 18件

※運転事故には至っておりませんが、健康起因による報告を行っております。

ページのトップへ

4.輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

概略図は別紙のとおりです。以下のPDFファイルをご覧ください。

輸送の安全の確保に関する体制 PDF

ページのトップへ

5.輸送の安全に関する重点施策

(1)
輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守します。
(2)
輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めます。
(3)
輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じます。
(4)
輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有します。
(5)
輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを的確に実施します。

ページのトップへ

6.輸送の安全に関する計画及び実績(設備投資等)

(1)
平成27年度の実績
  • 1車両老朽取替・・・14両〔内7両はASV(先進安全自動車)〕
  • 2車両リニューアル・・・10両
  • 3車両自動消火装置・・・60両
  • 4LEDヘッドランプ・・・・110両(一般路線バス)
  • 5教育訓練車・・・・・1両(「安全に係る教育・訓練」で紹介)
  • 6モバイル式アルコール検知器への更新・・・59台
(2)
平成28年度の計画
  • 1車両老朽取替・・・13両〔内11両はASV(先進安全自動車)〕
  • 2車両リニューアル・・・10両
  • 3ソナーシステムの導入
  • 4デジタルスターフ運行システムの導入

ページのトップへ

7.事故、災害等に関する報告連絡体制

概略図は別紙のとおりです。以下のPDFファイルをご覧ください。

事故、災害等に関する報告連絡体制 PDF

ページのトップへ

8.安全統括管理者及び安全管理規程

(1)
安全統括管理者
  • 氏  名  髙橋  愛治
  • 役  職  取締役安全整備部長
(2)
安全管理規程

以下のPDFファイルをご覧ください。

安全管理規程 PDF

ページのトップへ

9.輸送の安全に関する教育及び研修の計画

(1)
運行管理者・整備管理者及び補助者の教育
運行管理者及び整備管理者並びに補助者の事故防止対策の推進や異常時における適切な指示などに対する、 力量向上を目的とした事故防止会議等を計画的、定期的に開催しています。
(2)
乗務員に対する教育
新入社員研修、1年、2年、3年及び7年経過社員研修、高速訓練、事故防止検討会を計画的に実施します。 また、部外研修として安全運転中央研修所での研修を計画的に行います。

ページのトップへ

10.輸送の安全に関する内部監査結果

内部監査全般の所見(平成27年12月22日実施)

 安全対策重点施策は、毎年度に「安全対策の取り組み」を定めるとともに、目標及び計画を定めていることが確認できました。さらに今年度から「安全文化の定着化」に取り組み、「気づきメモ」の活用、「安全アンケート」を実施し、気づきの感度を向上させリスクの存在を見い出し、フェールベストにより安全最優先の行動に移す取り組みやアンケート実施により安全文化の浸透度の確保・維持・向上に努めていることが確認できました。また教育訓練車の導入により社員教育の充実を図るとともに、ドライブレコーダー映像や異常時判断力向上訓練(ヴァーチャルトレーニング、リスクイメージトレーニング)を研修プログラムに取り入れる他、「異常事態対応訓練」の実施による重大な事故への対応及び教育の充実を図っていることが確認できました。今後も、施策の浸透度のチェックを行うとともに、必要に応じた改善を継続的に行い安全性の更なる向上に繋げていただきたい。

高速バス HIGHWAY BUS

● 出発地、到着地を選択してください。

1 出発地

2 到着地

エリア入替

路線バス ROUTE BUS

ご利用について

● 検索したいエリアをクリックしてください。

時刻表、運賃などがお調べいただけます。

  • 広島
  • 山口
  • 安全への取り組み
  • 会社案内
  • 採用情報

スマートフォンサイトのご案内

スマートフォンサイトで予約購入OK!
高速バスの時刻や運賃がどこにいても確認できます!

スマートフォンサイトはこちらから

※クリックするとメーラーが立ち上がります。

  • 中国JRバス マスコットキャラクター めいぷるん LINEスタンプ配信中!!